So-net無料ブログ作成

夏のいろ

今日は北海道神宮のお祭り
雨模様かと心配していましたが晴れてくれて、きっとお神輿も賑わったことでしょう。

久々に見上げた空FullSizeRender (5).jpg
初夏のいろを感じました。

真っ青な紫陽花を買いました。FullSizeRender (3).jpg
小ぶりですが、とても元気。

そして春先からとてもおいしくて癖になっていたトマト「浅野のけっさく」という品種のトマトが大きくなってきてます。
元気にそだってね。FullSizeRender.jpg

夏のいろがかすかにこころにも広がることが自己の癒しになっています。
自然に寄り添い、いつも静穏をと祈ります。

平和の光にいだかれた土曜日でありますように[ぴかぴか(新しい)]

nice!(8)  コメント(0) 

花僧という職業

今日は木曜日。
映画館はレディースデーで1100円で観られます。
ということで先般字幕で観た「美女と野獣」を吹き替えで。
またまた号泣。

そして1本目は池坊専好を描いた「花戦さ」を。IMG_1903.jpg
かなりかなり面白かったです。
純粋でチャーミングに描かれていた野村萬斎演じる専好は花をいけることで世の平穏を祈る池坊と呼ばれる花僧。
池坊は遣隋使として有名な小野妹子を祖とするそうな。
その31世がこの度主役の専好です。
これから映画を観られる方もいらっしゃると思うので、多くは語りませんが、まさに人々の「戦さ」を描いていました。
筋は非常にシンプルなれど、仏道の教えもたくさん散りばめられ、「今」を自身の誠をもって生きることを茶道や華道に学ぶ・・・そんなこともあらためて感じるところです。
今現在の華道や茶道とはもしかしたら異なる、というか原点回帰し勇気をいただける・・・のかな・・・ともうっすら察するものです。
次期家元になられる方も専好さんとおっしゃるらしいのですが、その方(女性)のお話を雑誌にて拝読。
やはり勇気をもらった・・というようなコメント。
いろいろあるのでしょう。
話は少々それましたが、NHK大河「直虎」の森下佳子さんが脚本を手がけていて、やはり女性らしいラインの流れを感じました。よいセリフがたくさんあり。。。覚えきれなかった〜。

そんなでお花を買ってきたりFullSizeRender (3).jpg

お抹茶が飲みたくなったりFullSizeRender (5).jpg

という今宵です。

夕飯は一変し、なぜかカレーを製作。FullSizeRender.jpg
このところの体調を慮り、「薬膳」という観点からスパイスからしっかり作るカレーを今日は作る!と決めていました。
魔法使いが調合するみたいに(笑)スパイスを数種類使う作業はそれだけで元気がでました(^_^*)

飛び込んできた悲しいニュースは女優の野際陽子さんが天国へ逝かれたこと。
フランスの大学にも留学経験があり、ファッションも素敵で、大好きな女優さんでした。
とても淋しいです。

雨模様の木曜日でしたが、心身にたくさんの栄養をいただけた一日でした。
こころから感謝を覚えて。

どうか平和の光にいだかれた金曜日でありますように[ぴかぴか(新しい)]

nice!(7)  コメント(0) 
メッセージを送る